続・坂道を駆け上がるまで

乃木坂46と日向坂46が好きな社会人が綴るブログ

【乃木坂46】26thシングル 選抜発表のお話

スポンサーリンク

どうも、れいです。

 

11/15放送の乃木坂工事中にて、乃木坂46 26枚目シングルの選抜発表がされました。

新しいセンターの誕生を匂わせる告知が、放送数日前の公式TwitterやLineにありました。(選抜発表の告知がLineに届くのは珍しい気がしたな。)

26枚目シングルは、2021年1月27日に発売を予定されています。

26枚目シングルフォーメーション

26枚目シングルでは、5-7-7の19人体制・センターは山下美月さんとなりました。

山下さんは、表題曲では初センターとなります。

3列目:新内 清宮 田村 星野 筒井 岩本 高山

2列目:松村 遠藤 大園 堀  与田 賀喜 秋元

1列目:   生田 梅澤 山下 久保 齋藤

選抜メンバーは、前作の「しあわせの保護色」の22名から19名と3名減りました。(井上・白石・中田さんの三人は前作で乃木坂46を卒業。)

このご時世、テレビでの楽曲披露など大人数での活動を考慮して、選抜メンバーの数を少し減らしたような気もします。

センターの山下さんを除き、中央(山下ー堀ー星野)と、両脇(齋藤ー秋元ー高山・生田ー松村ー新内)を1・2期生で固め、その間に3・4期生が入るフォーメーション。

3期生が6名(岩本・梅澤・大園・久保・山下・与田)、4期生が5名(遠藤・賀喜・清宮・田村・筒井)と、3・4期生の選抜メンバーが増えた印象が強いシングルです。

選抜入り・落ちしたメンバー

選抜入り:清宮 田村 筒井 

選抜落ち:樋口 和田 北野

今回のシングルでは、上記の6名が前作から選抜の入れ替わりとなりました。

清宮・田村さんは、嬉しい初の選抜入り。4期生の中から、新しく選抜に入るならという意見の中でお名前を見ることが多かった印象のお二人。選抜入りを予想されている方も多かったのではないでしょうか。

個人的に、写真集が発売された鈴木絢音さんや、バラエティ番組も多く出演し、月〜木のラジオ番組が始まった山崎怜奈さんは今回選抜に入るかなと予想していましたが、選ばれませんでした。

"未来が作られる"とは?

選抜発表の告知の映像で流れた"未来が作られる"という、運営・企画さん側からのメッセージ。メッセージを見て、どうなるんだろう?と気になった方も多いはず。

結果として、山下さんが初センター、3・4期生が多く選ばれるシングルとなりました。

 

各期生加入後に発売されたシングル(バレッタ・逃げ水・夜明けまで強がらなくてもいい)を除くと、初めて1期生以外のメンバーがセンターとなるシングル。1期生以外のメンバーがセンターに選ばれたことも、運営・企画さん側からの"未来が作られる"というメッセージの一つでしょう。

 

ただ、メンバーのブログなどを読んでいると、少し違っているようにも感じます。"未来を作る"よりも"未来に広げていく"スタンスのメンバーが多い気がします。

卒業生や先輩たちが創り、大切にしてきた乃木坂という場所を、よりたくさんの人に知ってもらい、好きになってもらえるようにと活動しているように見えます。

 

誰もが納得する選抜メンバーはないので、発表後には様々な意見が出てきます。特に今回はm運営・企画さん側のメッセージもあったので、より思うことがあった方も多いはず。

この26枚目シングルだけで、未来が作られるわけではなく、27枚目、28枚目のシングルや5枚目のアルバムと続きます。この先、どうなるのかも楽しみに応援したいですね。

 

グループも世の中も大きな変化をしている中、2021年の1枚目となるシングル。メンバーにもファンにも、"忘れられないシングル"となってほしいです。

あと、バナナマンのお二人がいるスタジオでの選抜発表をいつか見たいな。

 

 to be continued