続・坂道を駆け上がるまで

乃木坂46が好きな社会人が好きなように綴るブログ

【日向坂46】3rdシングル発売記念ライブ ハッピーオーラで包まれたさいたまスーパーアリーナ

スポンサーリンク

9月26日にさいたまスーパーアリーナで開催された「日向坂46 3rdシングル発売記念ワンマンライブ」に行ってきました。

ライブ後には会場・ライブビューイングで参加していた人がハッピーオーラで終われるステキなライブでした。

f:id:nogi-rei46:20190927075616j:plain

日向坂の楽曲だけでなく、けやき坂時代の曲も多く交えたライブ

日向坂46 3rdシングル発売記念ワンマンライブ  セットリスト

影アナ:金村さん・丹生さん・渡邉さん

 

OP.overture

1.ドレミソラシド

2.ひらがなで恋したい

MC1

3.ときめき草

4.期待していない自分

5.抱きしめてやる

MC2

6.My god

7.やさしさが邪魔をする

8.Cage

9.Dash&Rash

10.君に話しておきたいこと

MC3

11.こんなに好きになっちゃっていいの?

MC4

12.キツネ

13.キュン

14.ハッピーオーラ

15.No WAR in the future

16.JOYFUL LOVE

~アンコール~

EN1.誰よりも高く跳べ

EN2.半分の記憶

MC5

EN3.約束の卵

セットリストを見てもらうとわかりますが、新曲発売記念のライブですが、新曲で披露されたのが表題曲の「こんなに好きになっちゃっていいの?」のみ。

2ndシングル「ドレミソラシド」の収録曲は全曲組み込まれた構成でした。

一気に盛り上がるオープニング

物販が大混雑の影響か、開演時刻を過ぎてからの影ナレ。ギリギリになっても、人が会場に入ってきている印象でした。

 

overtureが会場に流れ始まると、一気に会場のボルテージが上がります。日向坂verのovertureが早く、円盤化されるのを個人的に望んでいます。

1曲目の"ドレミソラシド"がスタート。

ダンスの中で、小坂さんが指揮をしてメンバーがエアーで楽器の演奏をするパートが印象的。初めて生で見るドレミダンスも綺麗でした。

2曲目は、ひらがな時代の楽曲、"ひらがなで恋したい"でした。

管理人も含め、日向坂の曲中心になると予想していた人が多かったのか、イントロが流れた瞬間、盛り上がりました。トロッコでメンバーが会場を一周しましたが、ちょっと不安定な感じ。メンバーが近くを通るので、嬉しいです。

「ときめき草」からの「期待していない自分」に引き込まれる会場

1度目のMCが終わると、"ときめき草"からライブが再開。

ライブ後半の"キツネ"〜"JOYFUL LOVE"は盛り上がるのに対し、"ときめき草"、"期待していない自分"では、会場はメンバーのパフォーマンスに引き込まれていました。

"期待していない自分"のセンター美玲さんのかっこよさが圧倒的。

PV同様にダッシュの演出があり、メインステージからセンターステージへ行き来しているのに、息を切らしている感じが全然しませんでした。ダンスも苦しさ、切迫した雰囲気があり、メンバーのパフォーマンスに釘付け状態でした。

「ドレミソラシド」の収録曲中心のブロック

2期・3期に終わるとドレミソラシド収録曲が中心のブロックでした。

1期生楽曲"My god"は、直前にメンバーからコールに関するお願いがありましたが、そこまで浸透していなかった印象...今後のライブで、メンバーが望む形になるのを期待。

"やさしさが邪魔をする"で、「キリマンジャロ」を生で聴けて大満足。会場の大画面モニターが3画面ありましたが、1つ1つの画面に歌唱メンバーの加藤さん・渡邉さん・上村さんをアップで映す演出もよかった。

"Cage"は、鳥籠に4人が入って登場し、籠から飛び出して裸足でのパフォーマンス。鳥籠越しの画面で踊る人物が映され、ステージにスモークが焚かれたりと、曲の世界観の表現の仕方が好き。

富田さんのラップからの、"Dash&Rash"へ。

テンポ早いので、コールのタイミングが掴みにくいけど、今後ライブで盛り上がる曲になりそう。ダンスで、姿勢低くして走るのも、歌詞にあっててよき。

あと、頭の生ラップめちゃかっこよかった。

新曲"こんなに好きになっちゃっていいの?"へ

新曲直前にセンター小坂さんの映像が流れ、 会場はいよいよ新曲が来るぞ!!って雰囲気に。

MVでの衣装登場。これまでの表題曲の2曲とは違い、曲の雰囲気はしっとりした感じがありつつも、ダンスは激しい。曲を聴くだけと、曲+ダンスでメンバーの動きや表情を合わせて見るのでは、印象がすごい変わる。

終盤、一人ステージ上段で踊る小坂さんがかっこいい。

この曲が、ココイチさんのCMソングに決まった発表もあったので、どんなCMになるのか楽しみ。

ハッピーオーラ全開のライブ終盤

ライブも終盤に差し掛かり、怒涛の盛り上がりのブロック。

衣装チェンジの間に、キツネに扮したダンサーが登場。和傘を使ったパフォーマンスに和楽器中心の音楽。最後は、和傘を横にして隠したところから、メンバーが登場。

"キツネ"のコンコンコールが楽しくて、ライブで盛り上がる曲。

続く、"キュン"も盛り上がる。キュンのコールは、公式の動画であるので、そちらを確認。

"ハッピーオーラ"では、スタンド15列目でしたが、正面にトロッコが止まる場所で、トロッコに乗っていた、小坂さん・丹生さん・松田さん・宮田さんばかり見ていました。(小坂さん・宮田さんがスタンド側を向いていたので特にそのお二方を。)

やっぱり、近くにメンバーが来ると嬉しい。管理人も周りの人も、大盛り上がり。

冒頭だったかな、花道での加藤さんと斎藤さんのイチャイチャも微笑ましい。 

あとは、メインステージ上段からの上村さんの煽りもすごいね。

"No WAR in the future"はやっぱり、ライブで盛り上がる曲。前曲での煽りもあり、会場のボルテージは最高潮に。

"ハッピーオーラ"と"No WAR in the future"はどっちからどっちに繋いでも、盛り上がる気がする。けやき時代の曲になるけど、今後もライブで披露して欲しい。

本編ラストの"JOYFUL LOVE"では、会場に綺麗な虹が架かりました。

おひさまの団結力のすごさ。

アンコールに発表の連続

本編終了後、ステージ裏に戻ったメンバーが再登場。

アンコール1曲目は"誰よりも高く跳べ"。

まさかのステージ会場後方から、トロッコに乗って1期生が登場。ここぞとばかりに、キャプテンが会場を煽り、大盛り上がり。

アンコール2曲目は、半分の記憶。

こちらは、メインステージのパフォーマンスでした。

アンコールで期別のパフォーマンスを構成してくるとは思っていなかったので、ビックリでした。

そして、メインステージにメンバーが集まったところで、怒涛の発表が続きました。

  • ドラマの放送決定
  • 小坂さんの主演映画情報
  • ココイチさんとのコラボレーション
  • 「FAI Drone Tokyo2019 Racing & Conference」の公式アンバサダー就任
  • クリスマスライブの決定

ドラマの予告を見る感じ、小坂さん・渡邉さんが中心な気がしたけど、どんな内容になるのか楽しみ。

クリスマスライブも行きたいから、チケット当たってほしいな。

2daysで発表されたけど、倍率高いだろうな。年末だけに仕事が、慌ただしくないことを祈ります。

 

一通りの発表を終え、アンコールもラストの曲、"約束の卵"に。

歌詞と今の日向坂を照らし合わせながら、聴いていると自然と目に涙が。

曲が終わり、ステージ裏へ戻る際、最後尾にいた、宮田さんが最後に深いお辞儀をして、裏へ。

会場は、拍手に包まれライブは無事終了しました。

個人的なハイライト

ここからは、ライブで個人的に思ったことをあれこれ載せます。

∞(infinity)のフォーメーションを映す、メインステージ頭上のカメラ

ライブ中、時々メインステージ頭上に設置された映像がモニターに映りました。

一番印象的なのが、新曲の歌詞にある、infinityを∞の形にフォーメーションを組み、頭上から映像を映した時。

パッと、正面から見ただけではわからないですが、この場面が映されたことでなるほど!となりました。

他の曲中でも、フォーメーションが入れ替える際などに映し出され、揃ったコンビネーションを見ることが出来ました。

たくさんの祝花

Aゲートから入場しましたが、会場に入るとたくさんの祝花が飾られていました。

f:id:nogi-rei46:20190927075641j:plain

レギュラーのテレビ番組、共演者、ラジオや雑誌など、たくさん所から贈られていました。他にも、ファンからの祝花のゾーンもありました

物販列が長蛇の列

今回、1日しかライブがない影響もあり、物販列がすごくながいことに。

会場30分前に撮った写真ですが、ライブの時間が近づいてもこれだけの人が並んでいました。

並んだ人の話だと、グッズを買うまでに4時間以上並んだとか....

ライブビューイングもあったので、近くの映画館に行く人は、会場でグッズ買えるので、余計に混雑したのかな。

今回、会場受取の事前申し込みもありましたが、今後は、会場やネットでの事前販売が導入されることを期待したいです。

f:id:nogi-rei46:20190927075635j:plain

まとめ

3月のデビューカウントライブ以来となる日向坂46のライブでした。

最初から最後まで、メンバー1人1人が輝き、駆け抜けたライブを見ることが出来、感謝です。

全力のパフォーマンスだからこそ、それを見に来た観客はハッピーオーラに包まれ、"JOYFUL LOVE"での綺麗な虹が架かる一体感が生まれるのだと改めて感じました。

 

今後もグループとして、さらなる坂を登る姿を楽しみにしたいです。 

 to be continued