続・坂道を駆け上がるまで

乃木坂46が好きな社会人が好きなように綴るブログ

【日向坂46】「ひなくり2019 ~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」に行ってきたお話。

スポンサーリンク

こんなにセットに力を使っちゃっていいの?

そう思うほど、幕張メッセ国際展示場ホールで行われた「ひなくり2019」は工夫がされていたライブ。

f:id:nogi-rei46:20191223235524j:plain  

日向坂46の「ひなくり2019 ~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」@幕張メッセ国際展示場ホールに参戦してきました。12/17,18と2daysあるうちの、1日目の参戦。

改名前のけやき坂46時代に開催された「ひらがなくりすます2018」に続く、今年のクリスマスライブ。管理人は、昨年のライブは行けていないので、初めてのクリスマスライブ。今回は、ライブの感想レポです。 

日向坂46 ひなくり2019 ~17人のサンタクロースと空のクリスマス~ 12/17

セットリスト

影アナ:潮さん・丹生さん・上村さん

 

OP.overture

1.キュン

2.ハッピーオーラ

MC

3.ママのドレス

4.まさか 偶然...

5.ほんとの時間

6.ときめき草

7.こんなに好きになっちゃっていいの?

8.川は流れる

9.Cage

10.一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない

11.Dash&Rush

12.My god

13.ドレミソラシド

14.キツネ

15.No WAR in the future

16.JOYFUL LOVE

~アンコール~

EN1.誰よりも高く跳べ

EN2.期待していない自分

MC・告知

EN3.約束の卵

わかりやすいライブのストーリー設定

地上と雲の上の世界が舞台。地上でも飾り付けなどでクリスマスの準備を、雲の上ではプレゼント工場で配るプレゼントの準備が進む。

ところが、雲の上での天気が悪くなり、プレゼントの工場の準備が進まなくなる。時を同じくして、地上から1人の女の子(河田さん)が雲の上の世界の神殿へ。

おひさまが盛り上がり、雲を吹き飛ばしたことで工場が再稼働。無事にプレゼントが配られました。めでたし、めでたし、というような構成。

河田さんを中心にストーリーが進んでいました。(2日目は丹生さんがこの役。)

曲と曲との間に映像が流れることが多く、ストーリーとして掴みやすい内容でした。(メンバーの移動時間を上手く作っていました。)

f:id:nogi-rei46:20191224074205j:plain

不安を目玉に変えた舞台セット

ライブの開催が発表されて、まず不安に思ったのが、会場が幕張の国際展示場ホールということ。アリーナ会場のようにスタンド席があるわけでもなく、ホールをつなげてライブをするので、途中にある柱が邪魔になる。全握のミニライブに行ったことがある方は、わかると思いますが、視界にあの柱があると、とにかくステージが見づらい。どんなステージ配置になるか、不安でもあり楽しみでもありました。

f:id:nogi-rei46:20191223235454j:plain
f:id:nogi-rei46:20191223235450j:plain

直前に公式からのライブに関する案内で、会場後方にもステージが設置されるとアナウンス。また、ライブでは柱を囲んだミニステージや、様々な曲でトロッコを使いメンバーが会場内の色々な場所でパフォーマンスする工夫がされていました。

どの座席でもライブ中のどこかのタイミングで、メンバーが近くを通るように構成を組んでおり、ライブ中もメンバーが観客の近くに行けることを話にあげていました。 

おひさまの一体感

ライブ中のおひさま(観客)の一体感にも引き込まれました。

JOYFUL LOVEでは、事前にSNSで告知されていた通りに、ブロックごとでペンライトの色を変えて、綺麗な7色になりました。メンバーは曲中、トロッコでメインステージからバックステージに向かっていたので、素敵な景色を見ていたはず。あと、天井の照明もブロックごとにわけて色を使っていました。照明さんお見事でした。

f:id:nogi-rei46:20191224074216j:plain

ライブ中の河田さんが地上から雲の神殿へ向かう際に、映像で「辺り一面が白い世界に〜」と流れると、ペンライトを白色。

アンコールのMCで、12/17が誕生日の佐々木美玲さんをお祝いするタイミングでは、会場がペンライトカラーの黄色。

おひさまが臨機応変にペンライトのカラーを変えて、ライブを盛り上げていました。

個人的な感想

管理人は、今回の座席は柵挟んですぐ、柱をいう席。

席に座って気づいたのが、柱の周りがミニステージ的な作り、マイクスタンドが置かれていることでした。スタッフさんもいらっしゃったので、もしやライブ中ここにも来るのかなと期待していました。

ライブが始まると、「まさか 偶然...」と「ほんとの時間」でミニステージでのパフォーマンス。加藤さん・渡邊さん・富田さん・上村さんが間近のステージに来ました。

f:id:nogi-rei46:20191223235517j:plain

スクリーンなしで、メンバーの表情やダンスを細かく見ることが出来る貴重な時間。

間近で見るメンバーはとにかくかわいい。一瞬で近くを離れるわけでなく、長い時間パフォーマンスを見れて、幸せでした。

また、齊藤さんや金村さん、丹生さんなど多くのメンバーがトロッコで側を通りました。あっという間に通過してきますが、近くをメンバーが通るとこれまた嬉しいですね。

メンバーが会場の色々な場所に移動する機会が多く、入念なリハーサルがあった演出だったなと感じました。メンバー・スタッフのみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

まとめ 

今回のライブで、2020年のアリーナツアーと東京ドームでのクリスマスライブが発表されました。ツアー発表はなんとなく予想していましたが、まさか1年後のクリライまで発表があるとは思いませんでした。 しかも、会場が東京ドーム。

クリライまでの発表は、運営が勝負に来ているようにも感じます。1年後はどんな姿なのか、日向坂46の来年の活躍も楽しみにしたいです。

そして、チケットをゲットしてライブに参加したい!

アリーナツアーの一部公演の抽選も始まりつつあるので、参加される方は申し込みをお忘れずに!

 to be continued