続・坂道を駆け上がるまで

乃木坂46が好きな社会人が好きなように綴るブログ

出雲大社の「縁結大祭」に行ってきたお話

スポンサーリンク

全国から神様が集まる場所に 

旧暦の10月、出雲の方へ八百万の神様が集まるので、神無月と呼ばれています。(神様が集まる出雲では神在月と呼ばれています。)

旧暦なので、現在だと11月にあたるようです。

全国から神様が集まり、神様会議が行われ色々なことについて会議される話を聞いたことがある人も多いはず。

f:id:nogi-rei46:20191203193551j:plain

神様が全国から集まるこの期間、出雲エリアの神社では様々な神事が行われます。

今回、「縁結大祭」に参加するご縁がありました。

縁結大祭

縁結大祭とは?

様々な縁結びの神議りが行われる神在祭中の日のお祭りに併せ、執り行われます。祭典では、大国主大神をはじめ全国より集われた八百万の神々に対し、世の人々の更なる幸縁結びを祈る祝詞が声高らかに奏上されます。

引用:神在月|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

全国から集まった神様への感謝とご縁の祈念を行います。

ご縁というと、男女の縁をイメージされる方が多いかと思いますが、男女の縁だけでなく、人と人や仕事などの物事の縁にも通ずると今回聞きました。(もちろん、男女の縁もあると嬉しいな...!)

事前申し込み必須

縁結大祭の参加には、事前の申し込みが必要。

2019年は、11月11日と13日の二日間行われ、各日定員は2000名。

定員になり次第受付が終了。

また、1人ずつでしか受付をしていないので、複数人で行く場合は各々がハガキを送る必要があります。必要事項を往復ハガキに書いて送ると、返信ハガキに詳細が記載されて届きます。この返信ハガキが当日の受付で必要になるので大切に保管。なくしたら、参加出来なくなります...

f:id:nogi-rei46:20191203193452j:plain

管理人は9月下旬にハガキを投函し、10日ほどで返信のハガキが届きました。

11月11日は定員に達して受付締め切りと公式サイトに掲載がありました。今年は、両日とも平日でしたが、土日に行われる年なら早い段階で締め切りになりそう。

f:id:nogi-rei46:20191121072239p:plain

引用:縁結大祭 | 出雲大社

当日は、8時より銅鳥居前で受付開始。受付の際に、返信ハガキと5000円が必要となります。

各都道府県の1人目の参列者は、各都道府県代表として玉串の奉納を行います。

1人目を狙って早く並ぶ人もいるみたい。(申し込みのハガキの住所で判断しているはず。)地元の島根県、人の多そうな東京都や大阪府はすぐ決まりそう。

9時半頃に並びましたが、その時点では秋田県の方が誰も受付をしていないようで、神職の方が秋田県の人を探しておられました。

当日の受付はお早めに

縁結大祭は10時開始で、受付は8時から始まります。可能であれば、早めに行くのがオススメ。とにかく人が多い。 

祓社にお参りしてから縁結大祭に参列したいところですが、

縁結大祭参加者+一般の参拝者が訪れるので、祓社にも長蛇の列が出来ます。

9時半前に出雲大社に着きましたが、その時点で祓社にも100m弱の列があり、並ぶと間に合わないので諦めることに。(参道の反対側から手を合わせて先に進みました。)

もちろん、縁結大祭の受付にも長い列が出来ていました。

9時半頃から並び、受付の順番が来たのは10時ギリギリ。間に合わないかと、内心はかなりバクバクでした。

受付は銅鳥居前ですが、管理人が並んだ時点で列の最後尾は松の参道に入ってすぐくらいにあり、長さでいうと200mほどだったと思います。

f:id:nogi-rei46:20191120193435p:plain

引用:出雲大社境内全域図 | 出雲大社

受付で引き換えに、式の案内・絵馬・カイロ(寒いのでありがたいです。)をいただきます。受付の隣には、絵馬にお願い事を記入する机やペンが準備されているので、記入します。あらかじめ、記入するお願い事を考えておくのがオススメ。

f:id:nogi-rei46:20191203081305j:plain

絵馬に記入が終われば、八足門から御本殿のそばへ。

御本殿周辺には、お手洗いがないので、事前に済ませておきましょう。11月の寒い中、式は1時間以上行われます。

縁結大祭の内容

受付時に、絵馬と一緒に縁結大祭の流れや唱える神語が記載された紙をいただきます。

f:id:nogi-rei46:20191203081335j:plain

10時ギリギリに入場したため、席はほぼ満席。筑紫社の横からの参拝でした。

御本殿真横からだと、垣根があるため、中で何が行われているかはほぼ見えません。唯一見えたのが、神職の方がお供え物を献上する際に階段を登られている姿くらい...

神職の方の説明や祝詞はスピーカーが使われているので、離れた場所の座席でも聞くことが出来ますが、音はやや小さめ。

そのため、進行状況もよくわからないまま進んでいってしまいましたが、普段入れない八足門内の空間にいるのは貴重な経験です。出雲大社の御神体は西を向いているので、正面から縁結大祭の時間を過ごすことに。ありがたい経験でした。

 

帰りには、受付を行ったテントでハガキと交換で記念品をいただきます。

縁結大祭御守・幸縁むすび御祈絲・お菓子の3点が入っていました。

f:id:nogi-rei46:20191203081317j:plain 

気になる服装

参加する際に一番悩んだのが、服装。

公式サイトには、「失礼のない服装でご参列下さい。」と記載があるので、悩むわけです。(伊勢神宮の御垣内参拝は、フォーマルな服装の指定があります。)

スーツが一番いいのはわかるのですが、遠方から行くので、スーツが荷物になる。着て行くには、現地で動きにくい(二泊三日で出雲方面に行っていたので、ずっとスーツは辛い...)

で、色々調べ、悩んだ挙句、カジュアルになり過ぎず、上下とも落ち着いた色のジャケパンスタイルで参列しました。少し荷物ですが、スニーカーと別で革靴を持って行き、縁結大祭当日は革靴、その他の日は歩きやすいスニーカーで行動しました。

地元の方や縁結大祭だけ参加するなら、スーツで行くのがよいかと思います。

スポンサーリンク

 

男性はスーツの方が大半と思いましたが、実際にスーツで参加されている方は、半分いないくらいの印象。スーツではないけど、失礼のないようにきっちりした感じの服で参加されている方が多めの印象。寒さ対策でダウン着ている方も中にはいたり。

女性も屋外で寒いので肌を露出されるような格好の人はいませんでした。歩きにくいので、高いヒールは避けるましょう。

 

男性・女性ともに、落ち着いた色で露出の少ない服装であれば、問題ないように個人的には感じました。 (スーツが一番よさそうですが、必須とまではいかない感じ。)

長時間に外にいるので、マフラーなどの防寒具を準備して暖かくしたいですね。

合わせて行きたい「稲佐の浜」「上の宮」「龍蛇神参拝所」

縁結大祭に行かれるなら、合わせて行きたいのが、「稲佐の浜」「上の宮」「龍蛇神参拝所」の3箇所。

稲佐の浜

出雲大社から1キロほど離れてたところにある、「稲佐の浜」

全国から集まる神様をお迎えする”神迎祭”が行われる場所。 「稲佐の浜」から「龍蛇神」を先頭に出雲大社の方へ向かいます。

「お忌さん荒れ」といい、神在祭の時期は出雲エリアの天気が荒れることが多いそうです。出雲大社へ向かう前に寄りましたが、風がとてもつよく波も荒れていました。「稲佐の浜」へ向かう途中に虹が見えたり、現在地が大雨、進行方向は雲で真っ暗・後ろは晴れている、などなど不思議な天気を経験しました。

f:id:nogi-rei46:20191203081252j:plain

行った日・時間は、「稲佐の浜」で神事は行われていませんでしたが、比較的出雲大社から近いこともあり、多くの人がいました。

上の宮 

「稲佐の浜」からすぐ側にある「上の宮」

f:id:nogi-rei46:20191203081323j:plain

全国から集まった八百万の神様たちが神謀り(かみはかり ≒ 神様会議)を行う場所。出雲大社の御本殿で神様会議は行わず、「上の宮」で行います。では、出雲大社では何をするのかと言うと、神様会議を終えた神様たちが「十九社(じゅうくしゃ)」という場所でお休み・お泊りになります。

「十九社」は東西で2ヶ所あり、神在祭の期間のみしか扉が開かれません。

出雲大社からは少し距離がありますが、「稲佐の浜」に寄るなら合わせて行きたい場所。

龍蛇神参拝所

「稲佐の浜」から集まった神様を先導する「龍蛇神」をお祀りした「龍蛇神参拝所」が御本殿の右側のエリアに設置されます。

簡易テントの中に参拝所が設置されます。神在祭の期間中しか参拝出来ないということもあり、15,20分ほど列に並びました。

f:id:nogi-rei46:20191203081247j:plain 

まとめ

出雲大社の縁結大祭に機会があれば、ぜひ一度行って欲しいです。

神在祭の時期には、出雲・松江エリアの様々な神社で神事が行われています。全国から神様が集まる時期なので、特別なお力をいただけるかもしれないです。

 

出雲大社で御朱印をいただきましたが、5人体制の対応で20分ほど待つくらい人がたくさん。十九社や素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る素鵞社(そがのやしろ)など境内の摂末社も行列が出来ていました。

f:id:nogi-rei46:20191203210139j:plain

神在祭期間中は、大勢の人が出雲を訪れるので、飛行機や電車、ホテルの予約は早いタイミングで一杯になってしまいます。

2020年の縁結大祭は2日のうち1日が日曜に行われる予定なので、縁結大祭の申込もホテルや交通手段の予約も早いうちにした方がいいですね。

 

この記事を読んでくださった方に、素敵なご縁がありまように!

 to be continued